【ソラレンを含む食品一覧】光毒性成分がある果物は食べるタイミングと組み合わせが重要

ソラレンを含む食べ物

ソラレンを含む野菜やくだものといった食品を一覧にしました。
ソラレンは光毒性という紫外線を吸収しやすく、シミやそばかすを発生させる恐れがある食べ物に含まれる成分
光毒性のあるソラレンを含む果物や野菜を知って、食べ合わせと食べる時間を工夫することでシミ対策に役立ててください。

<参考>ソラレンを含まないヴィオテラスCセラムを試してみました

ソラレンが多く含まれる食品一覧表

食べると紫外線を多く吸収してしまう食品として、ソラレン含有量が多い食品を一覧表にしてみました。

くだもの野菜
グレープフルーツ
オレンジ
レモン
みかん
すだち
ライム
いちじく
アセロラ
パイナップル
セロリ
パセリ
三つ葉
春菊
パクチー
大葉
明日葉
じゃがいも
きゅうり

ソラレンが含まれる食品って、ビタミンCも多い食べ物のイメージですね

 

ソラレンをあまり含まない食べ物一覧表

一方、くだものや野菜でもソラレンをあまり含まない食品もあります。
一覧表にしてみるとこんな感じです。

くだもの野菜
リンゴ
バナナ
イチゴ
スイカ
もも
ブドウ
人参
ごぼう
トマト
レタス
かぶ
かぼちゃ
大根
ネギ
キャベツ

野菜

光毒性のあるソラレンと上手に付き合う方法

光毒性というシミの原因になる成分「ソラレン」も含む食品の摂取はどうしたらいいんでしょう。

ソラレンはビタミンCと仲良し

ソラレンは先ほどの一覧表でもわかるように、ビタミンCを多く含む食品と共存している場合が多いです。

むかしきゅうりパックが流行ったように、きゅうりに含まれるビタミンCなど、肌に良い成分は積極的に摂りたいと考えるのは、美肌を目指す女子の想いですよね。

 

ソラレンが作用する時間帯は?

光毒性のあるソラレンを摂取した場合、2~6時間はいつもよりは紫外線の吸収が多い状態になってしまいます。

もしソラレンを含む食べ物を食べた後は、紫外線の多い屋外にはなるべく出ないようにするのが得策です。

紫外線が多い日中

ソラレンを含む食品は朝に食べない

こうしたことから、シミやそばかすを増やさないためにもソラレンを多く含む食品は朝ではなく、夜に食べた方がいいです。

もし朝7時に朝食としてソラレンを多く含む食品を食べてしまうと、紫外線が多い日中に紫外線吸収が多い状態になってしまいます。

つまり紫外線吸収力がアップした状態は寝ている時にすれば問題ないので、ソラレンを含む食品は夕方以降、晩御飯などに摂るようにしましょう。

シミ予防効果のある食品と同時に食べるのもおすすめ

ソラレンと一緒に食べると良い食べ物も実はあります。

同時に食べるといいのは、リンゴやバナナ、だいこんやゴボウ、トマトなど。

たとえばトマトに含まれているリコピンは、メラニン色素ができるのを予防してくれます。

トマトを食べる女性

ソラレンと上手につきあってシミ知らずの肌に

以上、ソラレンを含む食品一覧|含有量の多い果物は食べるタイミングがシミの分かれ目…という話題でした。

ソラレンを含む食品には美肌にうれしい成分のビタミンCも多く含まれているものが多いです。

シミやそばかすといった肌トラブルを避けて、美容効果を期待するソラレンを含む食品摂取におすすめの方法は

  • 夜に食べること
  • シミ・そばかすの予防効果のある食べ物と同時に食べること

です。

 

ビタミンCがお肌にいいからといって、レモンやセロリを朝からたくさん食べるのは、かえって美白にはよくありません。

食べる時間や、食べ方にも注意することで、健康で美しい肌をめざしましょう。

ソラレンを含まない濃密ビタミンC美容液のヴィオテラスCセラムを肌から直接取り入れる美容法も評判です。

私がヴィオテラスCセラム美容液を試してみたレビューは別ページに公開しています。

<参考>私のヴィオテラスCセラムを試してみた体験談はこちら

タイトルとURLをコピーしました